blog

楽健寺酵母と合うお料理 オススメ5選♪ レシピ付き

ひなたぱんは長らくラクトベジタリアンの生活をしてきました。ラクトベジタリアンとは、乳製品(牛乳とかチーズ、バター)はいただくベジタリアンで、お肉やお魚はいただいて来なかったのです。お魚や、お出汁は本当ーにたまーーーにいただくかな、ってぐらいで、お肉は本当に食べれなかったのですよ。お肉を食べると体が無理でお腹を壊してしまってました。それは今思うと、多分罪悪感からだったのだろうなあって思います。

 

なので、レッスンでお出しするお昼ご飯は全てベジタリアン仕様でした。それが2018年2月4日、天河大弁才天社さんからの帰り道、空腹と寒さと、貧血と、疲労でクタクタだった私に差し出された鹿肉ジャーキー・・・・

 

食べてみたときの衝撃!!!!!!!!!!!!!!!!

 

まず、目が1.5倍くらい開きました。そして、全身の毛細血管の隅々まで、血が巡っていく感覚がありありと感じ取られ、体温が上昇。気持ちが朗らかになって、なんでもできる感じ。2月の天河は雪に覆われているのですけど、私のことを裸足で車から降ろしてくれて構わないって思ったほど。(神戸まで走って帰れる!って感じるほどの躍動感が私の体の中を駆け巡っておりました。)

 

吉野の自然を駆け巡ってきた彼らのお肉から私はたくさんの情報を受け取りました。叡智の塊であったし、体の細胞の一つ一つの目覚めだったなと思います。長いことお肉を食べていなかったから、感じることができたのかもしれません。その体験をして、お肉をいただくことがどういうことなのか、わかることができました。与えられた情報ではなく、私の体感として、体験としてそれがどういうものなのかを知ることができたんだよね。

 

というわけで今、ひなたぱんはお肉も出てくるパン教室になりました。そんなひなたぱんの楽健寺酵母のパンに合うお料理を独断でご紹介💛

楽健寺酵母のパンに合うお料理ランキング(ひなたぱん的おすすめリスト♪)

第5位

豆の煮込み料理。特にトマト系のものが合うなあって思います。チリコンカンとかね。赤唐辛子とローリエと、隠し味にクミンも。玉ねぎとトマトと金時豆、をコトコトしたもの。めっちゃんこあうよー。

作り方

①鍋にオリーブオイルをしき、潰したニンニクを入れて香りを立たせる。そこにみじん切りにした玉ねぎ(1個)を入れ、塩お少ししてから蓋をして蒸し炒めにする。(じっくり弱火で美味しさをギュギュ〜っと濃縮させましょう。ここでの焦りは禁物です。

②玉ねぎがいい感じに水分が抜けてきたら、ざく切りにしたトマト(3〜4個)と金時豆の水煮を加えます。さらに、ローリエ2枚、たかの爪1個(タネは抜いたもの)、クミン小さじ1〜2を入れ、塩で味を整えて蓋をしてコトコト。赤色を強調したいときはパプリカパウダーを大さじ1〜2入れると良いですね。

③味をみて美味しければ出来上がり💛簡単だね!!!

この子に合わせるぱんは、そうねえ、やっぱり全粒粉がたっぷり入ったこちらの子です。皮がしっかりしてるしっかり者。切れ目を入れて、フリルレタスと、トマトのチリコンカン、そしてチェダーチーズを挟んで大きな口で食べよう♪

第4位

ファラフェル。ひよこ豆のコロッケです。パクチーがたっぷり入っているのだけれど、パクチー苦手の人も「美味しい!」って目を輝かせてお代わりしてくれるひなたぱんの人気メニュー。

①ひよこ豆は乾燥のものをたっぷりの水で一晩かけてもどす。(乾燥の状態で200g)

②フードプロセッサーに①のひよこ豆をザルにあげて水を切ったものと、すりおろしたニンニク1かけ、塩(小さじ1)、クミン(小さじ1〜2)、パクチー1束を合わせてがーーーーっとやります。滑らかになるまで回します。

③おから状になったら掌でぎゅっと握るようにして2〜3センチくらいの直系のボール状にして、油であげます。こんがりときつね色になるまでね。

④揚がったら、お塩をつけながらハフハフしながら頬張ってみてね♪

この子に会うぱんは・・・やっぱりまるぱんかな。もしくはピタパン!

第3位

全粒粉を多めに入れてパリッと焼き上げたパンに格子状に切り込みを入れたプルアパートブレット。この切り込みにはひなたぱんなら、ひじきペーストを塗るなあ。そして、お好みのお野菜をたっぷり挟んで最後にチーズをバサっとかけてオーブンでチーズがとろーりとなるまで焼きましょう💛指でつまんで食べられるからホームーパーティにもオススメです。盛り上がること間違いなし♪

作り方

①乾燥ひじき(27g)を水で戻してザルにあげる。

②フライパンにオリーブオイルを熱してすりおろしたニンニク人かけを入れて、香りがたったら①のひじきを入れる。味噌(小さじ1と1/2)、みりん(大さじ3)、醤油(大さじ2)を入れて炒め煮。汁気がなくなってきたら火を止めて、黒すりごま(大さじ2)とブラックペッパーを入れてざっと混ぜる。

③あら熱が取れた②とレモン汁(小さじ1と1/2)オリーブオイル(大さじ2)をフードプロセッサーに入れてがーーーっと回す。滑らかになったら完成!

ひじきペーストは食パンに塗ってチーズと一緒にトーストしても美味しいし(ほっぺた落ちます!間違いない!)、レタスにあえても美味しい♪白ご飯にも、パスタにも合うよ♪

第2位

鳥ハムブームがすっかりさってからひなたぱんのブームが到来 笑 ひなたぱんでハムが出る!って画期的なんですよ。なんせほら、ベジタリアン歴が長かったからね。その私が、鳥ハムを一体何本作っただろう・・・

作り方

①鶏胸肉の厚みを均一にするように開いて、フォークで穴を両面開ける。塩と砂糖を少しずつすり込み袋に入れて冷蔵庫で一晩寝かせる。

②鶏肉をきつく巻いて、巻き終わりを下にするようにしてラップできっちりと巻いていく。両はしはねじって、たまむすび。さらにもう一度、ラップでしっかり巻き、今度は両はしをゴムで止める。大きめの鍋にお湯を沸かし、ぐらぐら沸騰したら、ラップで巻いた鶏肉を入れる。再沸騰するまで中火で火にかける。再沸騰したら3分加熱。その後火を止めてアルミホイルで落としぶたをし、さらに蓋をして30分待つ。

③30分たったらバットに取り出して冷ます。冷めたら冷蔵庫へ。

この鶏ハムに会うのは何と言ってもレーズンパン!!!

第1位

お野菜サラダ!カラフルなお野菜を練りゴマ、粒マスタード、レモン汁、はちみつ、醤油、お味噌とあえるよ。香味野菜を入れることがミソです。セロリとか大葉とかね。あとは紫色の野菜を入れることも、このサラダを素敵にする大事なポイントです。

ミニ食パンに挟んでも可愛いね。

 

番外編

お味噌!!!!お味噌と楽健寺酵母のパンってなんであんなに会うのかな。バターと混ぜてトーストに塗ってみてね。美味しいから。

番外編 その2

サモサ風春巻き。これねーパリッと焼いて丸パンに挟むと危険な美味しさでした。笑

楽健寺酵母のパンに合わないものって・・・ないね♪いろんなものを受け止められる懐の深ーーーいパンなんだね。今私が作って、パンと合わせてみたいのは、「パテドカンパーニュ」と「リエット」です。ベジタリアン歴長い私が、この二つを美味しく作れるようになったら、みんなビックリしちゃうかな。

皆さんも楽健寺酵母で美味しい食卓を囲んでみてね。パンに合う簡単なメニューはひなたぱんでご紹介してますので是非レッスンにも遊びに来てくださいね。

 

まずはライン@登録してね。

関連記事一覧

最新の記事