blog

楽健寺酵母のスターターの作り方

ひなたぱんの相棒楽健寺酵母のスターターの作り方について今日は書いてみますね。昨日のブログにも書きましたが、ひなたぱんの相棒の楽健寺酵母って一言で言っているけれど、ただいま4種類育てています。(それぞれにお名前があります💛)写真には4人写ってない・・・涙

菌達は作り手の人に合わせてどんどん変わっていきます。どんな菌バランスのお家で菌を育てつなぐのか、どんな常在菌のすんでいる手なのか、作り手はどんな性格なのか、そして、どんなご飯を菌達にあげているのかで、育ってくる菌の個性が変わってきます!(とっても面白いでしょう?)

 

あなたのお家、あなた自身に最もあった菌が育っていのです。元種(スターター)が同じでも作り手によって無限に個性が変わっていく、進化していく楽健寺酵母なのです💛💛💛

酵母菌の世界は奥が深くて、人間はまだその1%も解明できていません。でも、それだからこそ可能性に溢れていて、魅力的で、感じる心で無限に広がっていけるそんな世界なのです。

 

あなたが育て、つないでいくとしたら、どんな個性の酵母菌に育つだろう???

あなたにあった酵母菌で作るパンはどんなパンになるんだろう???

 

 

ワクワクしますねえ  笑

作りたくなってきたでしょ???

 

ね💛

 

というわけで今日はひなたぱんの楽健寺酵母スターターの作り方をお伝えするね。

楽健寺酵母のスターターの作り方

材料

りんご・・・250g 人参・・・100g 長芋・・・70g ご飯・・・80g 砂糖・・・100g 塩・・・1つまみ スターター・・・100g 強力粉・・・200gくらい(ここはいつも変動)

素材選びのポイント

*無農薬の素材が手に入るならそれに越したことはありません。無農薬の素材でつないだ酵母はやっぱりとても発酵力が強いし、スピードも速いし、食べた時のエネルギーが違います。でもね、そこにこだわりすぎなくてもいいよって思います。せっかくの楽健寺酵母のハードルが上がりすぎると勿体無いからね。

 

*砂糖は茶色いのがいいよ。黒糖はお勧めではありません。

 

*塩は適度にミネラルを含んだ自然塩がオススメです。粒の細かいものの方がオススメです。

 

*ご飯は玄米でも白米でも大丈夫だけれど、菌達の気持ちになった時に、粒子は細かい方が菌達、分解しやすいですから、細かくして入れてあげてね。(特に玄米でしたい人はね)

 

*スターターとは前回の楽健寺酵母の残りです。イーストや、他の天然酵母をスターターとして使うこともできますが、楽健寺酵母としての個性が立ってくるまでに結構時間がかかりますし、手間もかかります(何回か注いでいかなければなりません)。楽健寺酵母をスターターにすると、すぐに楽健寺酵母として育っていくので、速いよ。(スターターの販売をひなたぱんではしていません。ぜひ、初めてさんの天然酵母と仲良くなる1dayパン教室にきてね♪)

 

作り方

①ミキサーに長芋、りんご、人参、ごはん、スターター、砂糖、塩を入れミックスジュース状態になるまで回す。ミキサーの羽が回らない時は、小さじ1づつ水を加えて、ギリギリ羽が回るくらいの水加減で回す。(ミキサーがない人はすりおろしてもいいよ!)

 

②全体が滑らかになったら、ボウルにとりだして強力粉を加え、混ぜる。全体がもったりした状態になります。

 

③縦長のびんに②を入れます。ここで大事なことはびんの半分以上まで酵母を入れないことです。(溢れます!)

 

④ラップに穴を開けて瓶の口にかけておきます。ここで大事なことは、酵母菌に惜しみなく愛を注ぐこと。大好きだよ。」「愛しているよ」「ありがとう」を伝えましょう。彼ら、すごく喜んでふくふくと発酵していきますから💛

 

⑤室温で発酵させていきます。なるべく暖かくて、家族が集う楽しい場所が良いです。北向きの誰もこないくらい部屋とかはやめましょう。夏場は7時間ほど、冬場は24時間ほどかけて発酵していきます。

 

⑥発酵完了の見極目には3つのポイントがあります。「アルコールの香り」「発酵した爽やかな甘み」「嵩が一旦上がって落ちる」す。この3つをクリアしていたらパンを焼く酵母としての発酵は完了しています。速やかに冷蔵庫へ移動させましょう。冷蔵庫の中でも発酵はゆっくりと続いていきます。瓶の半分以上入れないこと、空気が循環するように工夫すること(密閉しないこと)を気をつけておきましょう。

 

⑦できた酵母はパンとしては5〜7日以内に使います。スターター(次の酵母をつなぐための元種)としては2ヶ月大丈夫です。

楽健寺酵母は冷蔵庫の中でも発酵し続けていきます。元気で美味しいパンを焼きたいなら冷蔵庫を開けるたびに彼らに声をかけてくださいね。「今日のパンも美味しかったよ、ありがとう!」とか「今日も可愛いね💛」とか。

 

彼ら、声をかけられ、目を向けられ、愛を注がれれば注がれるほど、キラッキラと輝きだしますし、色もあざやかに、味も美味しくなります。そんな酵母で焼いたパンやスイーツは間違いなく美味しいし、誰かを笑顔にするそんな素敵な魔法をかけることができるはずですよ。

ぜひ楽健寺酵母を作ってみてくださいね。そしてわかんないよってことがもしあったら、ひなたぱんにぜひいらしてください。すごーーーーーく楽しいレッスンをご用意しています💛初めましての方は「天然酵母と仲良くなる1dayぱん教室」か「季節のイベントレッスン」へ。

1 dayパン教室、やイベントレッスンにご参加いただいた後は天然酵母のパン教室5回継続コース」へ来てね。楽健寺酵母と仲良しになり、美味しいパン、体も心も元気になるパンを焼きましょう。

 

ひなたぱんの回覧板的な、Line@でコミュニケーションとりませんか?登録してみてね♪

 

 

 

 

 

関連記事一覧

最新の記事