blog

ひなたぱんのインストラクター養成講座スタート♪(楽健寺酵母で笑顔の輪を広げよう💛)

ひなたぱんのインストラクター養成講座がスタートしました。7名の素敵な仲間たちと出港です♪今日は楽健寺酵母のお役立ち記事ではないけれど、感謝の気持ちをここに綴らせてくださいね。ひなたぱんにとってとても大事な一歩を踏み出したひなたぱんの第二章を歩み始めた大事な1日について。

ひなたぱんの第二章の始まり

師匠も、経験も人脈も経済的な自立も何にもなしから始まった小さな小さな教室「ひなたぱん」

ひなたぱんのパン作りはヨガ教室のクリスマス会で食べさせてもらった楽健寺酵母のパンの耳の美味しさに感動したことから始まります。あんまりにも美味しかったんだよね。運命の出会いだったなあって思います。その後、その酵母を分けてもらって、A4の紙に書かれたホームベーカリーでのぱんの配合と、楽健寺酵母のつなぎ方の配合を頼りに始まります。

 

パン作り・・・なにそれ・・・なレベルからのスタートで、イーストと天然酵母の違いはもちろん、そもそものパン作りの工程さえわからない、そんな状態からのスタート。でも、あの感動的に美味しい滋味深いパンを私も作ってみたいなってそんな風に思ったのでした。その想いだけで、周りに楽健寺酵母の先生がいない状態で、パン作りに没頭しました。

生地はベトベトになって、手にくっついてしまう事ばかりだったし、手から離れないからこねられないし、丸められないし!そんな失敗を山ほど繰り返しました。基本的なことがわかっていないことに気づいて、本屋さんでパン作りの本をかたっぱしから立ち読み(買ったのもある!)←パン教室に行こう!と思わないところが我ながら変わっているけれど、先生は目の前にいたから。そう私の先生は楽健寺酵母菌だからね。

 

なんでうまくいかないのか、何かのヒントを掴みたくて、パンのほんにかじりついて、その知識を家で試してみる。そレヲ高速で繰り返してました。(本当にクレイジーだと思う!)

 

でも、そうやって少しずつぱんの作り方を学んで、実践して(当時楽健寺酵母のパンの作り方のレシピ本は出ていなくて、他の酵母菌やイーストの本をかたっぱしから読んで、それを楽健寺酵母バージョンでどうなるのかを検証していました。)うまくいかないところをまた調べて、実践して、と本当に24時間その事ばかり考えていたように思います。

今思うと、私の酵母菌への偏執的なまでの興味はこのころからすでに始まっていて、寝ている間もずっとその世界につながって、情報をあらゆるところから拾い集めていたように思うのです。

 

それでだんだん捏ねられるようになって、丸められるようになって、パンになっていったのですね。言葉でこんな風に書くのは簡単だけど、なかなかに長い道のりだったのですよ。だけど、苦しいなんて、辛いなんて、大変だなんて一ミリも思ってなくて、ただただ楽しかった事、今でもありありと覚えています。

パン作りのことも、教室運営のことも、家庭の主婦がお仕事を始めるってどういうことことなのかも、レシピを作るってどいうことなのかも、私の大好きな酵母菌を誰かに届けるにはどうしたらいいのかはもちろん、お金のこともなーーーーんもわかっていなかったのです。(今もまだわかってなくて、失敗もたくさんあるけど少しずつ成長中。)

 

それでよく始めたよね、ってみんな驚くかもね。だから失敗も痛い思いも割としてきたと思います。でも全部吸収して成長の糧にしてきたよ。転んだってタダでは起きないもんね。笑

 

ヨガを学びながら、パンを独自に学んでいく、菌とどんどん仲良くなっていくのが本当に楽しかった。そして、それを受け取ってくれる方が幸福なことにいて、ひなたぱんは続けてくることができた。

小さな小さなパン教室「ひなたぱん」は神戸の須磨区の小さな団地の一室にあります。本当にちいさな、そして看板も何もなく、わかりにくい場所にあります。それでも、その教室は私とともにずーーーっと走り続けてきました。お店をして販売をしていた時も、お店をやめた後も、パン教室だけはずーーーっと続いてきています。

 

わかりにくくて、大して交通のいいところでもなく、宣伝はFacebookのみ。溢れるパッションと、酵母が大好きって気持ちだけで走ってきました。そして、きてくださる人がいたから続いてきたんだね。

届けたいのはhow to bakeの先のもの

ひなたぱんを始めて、少しづつ積み上げてきたものとか、菌達から学んできたことをぱん作りに乗せて渡すようになり始めて、ただただぱんの焼き方をお伝えするばではなくなってきたひなたぱん。酵母菌と触れ合うことで笑顔になっていく人たちを見て、心がどれほど熱くなってきたか。

きてくれている人たちの笑顔が、私の原動力になり、だんだんひなたパンのお渡しするものがパンの焼き方だけではなく、その向こう側の世界もそっと添えるようになっていったのかなって思います。

 

もちろん楽健寺酵母のパンの焼き方、をお伝えすることがベースなんだけれど、そこに目には見えないし、手で触ることもできないとても繊細で微細なものをそっとて渡すように意識するようになりました。なかなか届けるのは難しいけれど、諦めずに淡々とやってきたんだよね。

 

そして、ここまでの集大成としてのインストラクター養成講座を作ろうって、ようやく動き出した2018年。頭の中に散らばったたくさんの知識と体験、細胞の一つ一つに蓄積されてきた感覚を言語化してまとめていく過程が始まりました。

 

大変だったよ   笑

 

言葉にすることが苦手で、それこそ頭から湯気が出るのじゃないかしら?って思いながら、パソコンの前で来る日も来る日も言葉をつないでいく。溺れそうになるたびに助けてくれる先生たちに私は恵まれていたし、同じように前を見て凛として生きていくお友達が私に履いて、その存在がとても心強かった。

 

それから、煮詰まるたびに菌達がお茶目に私を笑わせにきました。笑   毎回、あの手この手で私を笑わせようとしてくれるので、ありがとうの気持ちと、愛おしさで泣き笑いしながら、インストラクター養成講座の骨組みを作り、テキストを完成させることができたんだよね。

 

私一人では決して完成できなかったと、思います。だから本当にみんなに感謝。(特にテキスト作りに並走してくださったいくとうひさよさんとお仕事の仕方、カメラを教えてくれている丸山嘉嗣さんに心からの感謝を。)ひなたぱんの溢れるパッションに方向性を与えてくれたお二方のおかげで今があります。

募集開始

インストラクター養成講座の骨組みができて、いざ募集開始。このマニアックなひなたパンの世界に入ってきてくれる人なんているのかしら・・・って本当に心細くなったり、してました。

 

でも、蓋を開けてみたら、7名もの素敵な素敵な人たちがひなたパンのインストラクター養成講座に参加したいと手を上げてくれました。金額もこれまでにやってきたひなたパンのレッスンからしたらだいぶ高いものになりましたし、今までレシピの商用利用はお断りしてきたのを解禁することもあり、いろんな面でハードルを大きく超えていく講座になったんだよね。

 

それでもやってみたいって思ってくれたこの一期生のメンバーに感謝しかありません。

講座スタート

そしてとうとう先週の土曜日にインストラクター養成講座が始まりました。どうして参加しようと思ったのか、この講座終了後にどうなって痛いのかを一人一人に話してもらったのだけれど、その一つ一つの心が本当に尊くて、涙が込み上がってきて仕方なかったです。

 

だって簡単じゃなかったと思うから。このコースに参加することって。やっぱりそれぞれがそれぞれの課題をクリアして、高めのハードルをえいやって飛び越えてきてくれたんだってわかるから。そのハードルを越えてその純粋な思いを見せてくれたこと言葉にして世界に発してくれたことわたしに聞かせてくれたこと本当に嬉しかったです。

 

この講座はパン作りを教える人になるための講座で、今までみんながひなたぱんにきて受け取ってくれていたレッスンとは質の全くちがうもの。

 

 

私もみんなが半年後1人で立って喜びの輪を笑顔の輪を広げていけるそんな風になっていけるお手伝いをさせてもらおうと改めて思いました^^ひなたぱんを通して、いろんな可能性がこの人たちの先に広がっていることをありありと見せてもらえて、胸が熱くなったのです。

 

みんなから見たひなたぱんって?

ご飯を食べた後、みんなにひなたぱんって?というテーマで思いつくものを紙に書いてもらうワークをしました。

それを貼り付けてみんなで味わいながらグループにわけていきます。みんなから溢れて出てきた言葉は

 

愛」「光」「見えなくてもある」菌大好き」「チャレンジ」「笑顔」パワースポット」「お料理の楽しさに気づく」「丁寧な暮らし」「慈しみ」「優しさ」「枠を超える」「響きあう」「宇宙」「つながり」「自分の好きに気づける」「幸せへのパスポート」「多様性の世界」「命」「キラキラ」「つぶつぶ」「ひかり」「THE 創造」「ほっこり」「居心地が良い」「いつも笑顔で迎えてくれる場所」「面白い人が集う場所」「どんな時も失敗じゃないと気づかせてくれる場所」「みんな一度は来てみてほしい」「不思議な世界への入り口」「ご縁」「菌と私を繋いでくれる場所」「食と命の大切さを学べる」

などなど他もたくさんたくさんたくさん素敵な言葉たち。
文字通り言葉の花束。
こんな風に受け取ることになるとは予想してなかったのでもう涙がそこまで込み上げてきてたよ。

 

この感覚を言葉にかえることはとても難しい…

 

ひなたぱんってめっちゃ素敵な場所やん。って全細胞がみんなで大合唱みんなが歓喜みんなが感動して祝福しておりました。

 

ありがとう。ありがとう。

みんなと一緒に作っていくインストラクター養成講座

ひなたぱんスピリットをみんなにお渡ししていけることがこころから嬉しいよ^^このインストラクター養成講座1期生はひなたぱんにとって特別な人たちになる。特別な時空間になる。

 

そんな時を一緒に過ごしてくれてありがとう。

 

ひなたぱんスピリットを受け取ってくれたみんながそれぞれの夢や思いを乗せて、世界中に「楽しい」を発信していってくれるんだなって確信したよ。

 

 

私と酵母菌で始めたひなたぱん。知らない間にこんなに素敵なコミュニティができていて、それはこんなに血が通っていて、あったかい場になっていたのかってね。お腹の底から感じて、込み上がってくるものがあってね。誰も信じられなくて、菌しか信じることのできなかったあの日が遠い昔のことのように感じます。

こんな風景を見れるなんて、本当に思っていなかったのです。想像をはるかに超えた世界を見せてもらっています。一人じゃ決して見ることはできなかった世界。だからこそ、こんなに胸が震えるんだなあ。菌を真ん中に私の周りには有機的なあたたかなネットワークができていて、仲間ができたんだってことを、今この瞬間もドキドキしながら受け取っています。こんな景色をこの世界にたくさん広げていきたいな。

 

何にもないところから始めて、教室が軌道に乗り、神戸だけではなく、東京や名古屋でもひなたぱんのレッスンができるようになりました。そして、インストラクターとしてやってみたいなって思ってくれる方と講座を作っていくことができるようになりました。ここまでひなたぱんに関わってくれたお一人お一人のおかげに違いなく、心からの感謝をお一人お一人にお伝えしたい。

 

 

私にできることは、これからも「楽しい」を大切に菌達と遊びながら美味しいものを作ってみんなで笑顔の波紋広げていことだなと思ってます。

 

これからもひなたぱんを面白がりながら見ててくださったら嬉しいです。そしてできることなら関わってくださったら嬉しいです。もう一度言わせてね。ありがとう。ありがとう。

 

是非是非ひなたぱんと一緒に遊ぼう♪

 

昨日から募集受付スタートした『楽健寺酵母で作るキッシュとタルトの会』ですが、神戸の会は7/29(月)以外満席となりました。東京はまだお席あります。そして名古屋での開催も決まりました♪名古屋の会の詳細はしばしお待ちくださいませ。

神戸の会は7/29(月)と東京の会8/11(日)受付中です。

LINE@でつながってね。

 

 

 

 

関連記事一覧

最新の記事